返答
僕の書く駄文を詩的だと言う人がいる
その実、僕は詩的なんて高尚な人間でもなく
ただ恣意的なだけかも知れない
年輪を刻んでも私は愚かであるが故に日々学びそれを忘れ
そして学ぶ
そんな事を繰り返している
嫌気がさす程に僕は愚かなのだ

君が過去の私の行動を解釈する一方でこうして
罵ってくる事に若干の不快感があるものの
その言葉が僕にとって糧となり自戒させてくれる
ありがとう

さて
君はいつになったら壇上に立ち自説を展開するのかね
言葉を安く使うばかりでは君の才が磨かれる事も無かろう

個人攻撃だとかプライバシー無視とか陰険だとか
確かにあれは説明不足だったし僕にも落ち度は一部あったので
蒸し返す気もないのだが君が書いたそれは
個人攻撃でもなく陰険でないと言うのかな

半角を使い乱雑な文字の配置は胡散臭さや安っぽさを増長させる
君の汚い言葉の羅列もそれに同様

君に話しかけて「やろうよ」と言ったのは
こういう言葉が欲しかったからじゃない
才が見え隠れしている今の君に新しい景色を見て欲しかったからさ

さあ、背伸びする事も無く有りのままで書けと前に言ったはずだ
お前がお前である所以やお前が何を目指しているのかや
お前っていう人間を作った伽羅ではなくお前という人間を
お前自身の言葉で語ってくれないか
[PR]
by siko_yugi | 2004-11-21 22:06 |
<< 止まった列車 過去への感情 >>