よじ登る
何故よじ登る 俺だけのレール 殻に閉じ篭る 壊す全部
勝ち上がる 立ち上がる 転びしゃがむ 夢は終わる

お前は何度も俺の前に現れて俺は俺なりに乗り越えた
またぶつかり苦痛が顔に痛みも普通になり氷は溶けた
難攻不落な今回のお前は俺を見て嘲笑う
時空を越え共鳴した時計の針が明日になる

微かな期待 痛いみたい 先は未開 狭ばる視界
見せた醜態 偶像崇拝 腐乱死体 暗い未来

もがく事が俺が俺である意味で存在理由だと知った
矛盾が産み出す嘘の神話に亡者が集いまた連鎖
俺が壁を見てる理由は簡単だ
お前がそこに立ってるからさ
[PR]
by siko_yugi | 2004-09-08 15:53 |
<< 泪橋 平等 >>