無題
気になる景色の服装は苦痛の表情
表象的な価値概念を君には押し付け色とりどりの
風景画が草原から遠い縁から俺の手元に
日々が過ぎ去り老いていき孤独死
悲しみの先に思い出した初恋の思い出
視界は薄く遠のいて
[PR]
by siko_yugi | 2004-09-08 16:01 |
<< 無題 誰か僕を知りませんか >>