無題
街の喧騒から逃れ俺は孤独な旅に出たんだ
痛んだ心を癒す衝動的な映像と暴走する炎の線が
目に見えたが錯覚なのか真実なのか磨耗する魂の行方
もし俺が俺なのならば俺らしくあの門を潜れ
戦場に向かう前の痛みを抱えながら横になる
イナゴの群れのような悲しみと見つめ合う
銃弾の刺さったままで凶器じみた精神は崩壊への序曲
狂気と正気の狭間を浮遊感の中歩き人を演じる現実
7時38分思考回路は停止した
我が魂は草原に転がる石のようだ
[PR]
by siko_yugi | 2004-09-08 16:11 |
<< 無題 無題 >>