1224
見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光が
ささやかな幸せをうたってる

見上げてごらん 夜の星を
ボクラのように名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる

僕は星の下で祈りました
夢は明日 貴方に想いを書いた
君との日々よ永久に 
もう離さない 孤独の終わり
祈りこめた聖夜 雪が光らすメロドラマ
言えなかった言葉 寒さを隠す貴方の事が
「好きでした」届かないなら季節外れの木の葉
願いは1つ この恋をどうか神様 最後に
僕はまるで冷めた缶コーヒー
この想い壊れぬ様に・・・ 

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光が
ささやかな幸せをうたってる

見上げてごらん 夜の星を
ボクラのように名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる

プレゼントも買えなくてごめんね
綺麗な想い出はゆっくり溶けて
悪戯な堕天使がシナリオライター
過去そして今の痛みを抱いた

見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光が
ささやかな幸せをうたってる

見上げてごらん 夜の星を
ボクラのように名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる
[PR]
by siko_yugi | 2004-09-08 16:20 |
<< 無題 くたばれ >>