チクタクチクタク
Today is first day of rest of my life
やり直せるだろう今日から

また深く眠れず目が覚めまどろむ空間を歩く死にそうだ
魂の飢え渇きに路頭を彷徨うどうしようもない一週間
何の矛盾もない幸福が幸か不幸か訪れる事は無く
慟哭と悲鳴は延々と心を侵食するも電源落とし終わらす
2年前から黒い雨は止まない事がない
あの日から全てが狂い出し病みは増し民は餓死し心すら破壊
壊れたオルゴールを回す ゆっくりと だが動かない
アナーキーである事の誇り 驕り のらりくらり 悲しいお話
周囲と色が違う事の悲しみ 孤立 孤独 聞き取れなかった誹謗愁傷
個の確立すらされぬ揺れた足跡 僕の立場を・・・理解して機能重症

Today is first day of rest of my life
やり直せるだろう今日から

舞い降りた天使を彼女は演じ現実は先日に判明する全ては幻想
演奏者は孤独に時を奏でたカナリアの如く日々毎日僕は俺を演じよう
鈍い頭痛は四六時中きっと君を襲うから逃げ込むんだ そうあの場所へ
破れた地図と壊れたコンパスで音楽でも聴きながら歩く 時を数え
神秘的生き字引の言霊が心に響き そして消え 残像のみが鏡に残る
水滴はスコールに苦悩した若き勇者も老いて銃弾に倒れた 血は色濃く
立ち上がる度に傷口が開く 消せないいつかの傷跡 唄歌いのバラード
生を聖母から受けた時から僕は逆子 追いかける微笑むあの子

秒針が怖かった
針はいつも僕を焦らせた
僕の心臓を突き刺す音
チクタクチクタク
刃物の様に僕の首を夢を全てを切り裂く時計の針が怖かった
昨日の俺と今日の俺はなんら変わらず
停滞は後退を意味しているのだから・・・・だから怖かった
秒針が怖かった
時計を反転させ過去を見た
過去は眩しく惨めな現在を鮮明に映し出した
チクタクチクタク
秒針は実は僕自身でもある
あくせく動き振り出しに戻る無意味な存在
ただ停止し消滅のみを待つ哀れな時計
音は止まない 
淡々と冷酷に時を刻む
このまま生まれた訳すら知らないままに消えるのなら
なんと君は残酷な存在なのだろうか
なんと僕は愚かな存在なのだろうか

Today is first day of rest of my life
やり直せるだろう今日から
[PR]
by siko_yugi | 2004-09-08 16:25 |
<< MONOTONE 無題 >>