MONOTONE
少年は無造作に蟻を踏み殺した 青年は涙しながら女を堕胎させた
壮年は笑いつつ愛人と金で寝た 老人は罪を贖えずこの世を去った
生誕は祝賀され子は愛でられた 白い画用紙は何色にでも染まるから
時と共に汚れて汚れて心綻べ  黒いインクが辛苦を教える何処まで
白は元来美しい色なのだろうか 涅槃なんて概念は身勝手な罪の浄化作用だ
DIGITAL社会で全てはMONOTONE 黒も白も苦労しようと染まるのが男
NOTEの古ぼけたPAGEを捲る   白でも黒でもない色褪せたMELODYは鉄屑
街路樹に哀悼する愛を知る「ああ、安っぽい」 始点から終点まで汚れてたのさ「カナリアの恋」

笑止 常識と非常識の狭間潜り抜ける公式 同時に老子も孟子も掃除した脳からお葬式
生にも死にも興味は無くて遠近法で現金を 錯覚すら意図的に人でなしブルースが抉る心臓
代理出産が怪奇な手段に見えるんだ名人技 生死はな神をも超え操作されはじめたから
君が産まれた意味などないのさ気付きな そう言うと僕の僕の僕の僕の母さんは窮した
白も黒もないんだよ 
正義も悪もないのだよ
神も悪魔もいないのだよ
いるって?
坊やだからさ
[PR]
by siko_yugi | 2004-09-08 16:27 |
<< 親孝行 チクタクチクタク >>