無題
西暦2300年 日本
あの大戦後、人類の半数は死に絶えた・・・・・

止まぬ酸性雨 地球の終わりを断言する 預言者は今日も語る 300年前に迫害された真理教徒
今日と明日の境目も時計が無ければ分からない 決して此処で正体は誰も明かさない
動く心臓を神前に供える儀式に参加 景色は風景にそして心が石化する僕が其処に居たんだ
劇画の様な光景 ふと歩く4丁目 密告の恩賞で もらった金貨で飯を食う 笑みを絶やさぬ土偶
精神障害者の数が健常者の数を上回り 世の中では正常異常の概念は反転し負の吹き溜まり
300年前にマトモだったヤツらが人格障害者ってレッテル貼られてる面白い時代 お互い笑い合い
まあ狂うだろうこんな時代じゃ 人の肉のみが安全だと厚生省が発表する世の中 病原体は何も表現しない
経典を唱えた盲目なオポチュニスト 朝 親は起こしに来るとこう言うんだ「今日は素敵な一日よ」って
手首を切り刻むのが趣味な母さん 僕は神の子だと冗談 知ってるさ 俺は犯罪者の息子なんだ
親父はゲリラ部隊エリアコード06のメンバー 俺の職業はエンターテーナー 嘘をつくのが仕事だって話さ
動き出す蘇る金狼 震動と連動し悪夢と共に生き息を潜め3つ目で見つめるサードアイ 明日がBINGO
決行 組織での乾いた会話 ダイヤに釣られてリタイアした連中 信じられる面子 ・・・・もう残り少ない 


間も無く無表情なコンピューターウィルス 報酬は例のフィルム 人を侵食し出した
崩壊前は全てが後悔だ 航海前の勇敢だった船長も戦場では蒼白 神からの脅迫 国境線ASIA
脳だけ機能してる 処理能力全てに劣る 感情すら消えていく人間達
人が人の為に人のエゴで作ったレゴも壊れ今や我々に人権無し


離れない悪夢の中歩く ただ恋愛 砂丘の朝は来る
覚醒に賭けるNEWTYPE 惑星見上げる、誘惑する 
四六時中闇夜に籠もる 酷く頭痛、民も依存する
壊れた歴史をペンキで黒に 終われば景色も戦史へ不毛に
全て終わり週末の晩餐会 素手で壊し嗅覚もあんまり無い
さようなら彷徨うなら あの坂 侮る馬鹿

・・・人の価値等、感情を持ち始めた機械の前では無意味に等しかった
人の進化は常に負の遺産から産み出されるのならば歴史は永久に闇だろうか?
[PR]
by siko_yugi | 2004-09-08 16:34 |
<< 告白 一週間 >>