刀一本で勝たないといけないなんて信じた若かりし日々
鎧を身に纏わないと生き残れないと思ってたつい最近まで

どうやら無駄な様だ
挫折っていう汗が溢れて錆びるんだ
此処じゃそういう仕組みらしい

しかし無防備に浮浪している今のままじゃ
業に刺され憑りつかれ崩れ落ちるだけなのも史実通りの歪な事実

夢追い人よ
脱ぎ捨てた重荷となった鎧の中
つまり素のお前にお前は出会えたのかい
そいつは輝いていたお前と同一か 
もしくは静かに息潜め雪解けを待つ老人と化したか

輝いていたあの頃は若さが産み出した勢いと呼ばれる代物で
あの頃に帰っても現実問題、俺らの技は敵に通じないだろう
老いるにはまだ早いし
この人生が何なのか悟る事もまだ早すぎる気がするんだ

飢え渇きが襲えど思考回路が止まる事はない
きっと再度 きっと最後の運っていう不思議な奴が肩を叩いてくれる
それを呼び込むんだ 
涙ぐんだ日々が続けど霞んだ視界じゃ生き残れないから

今は立ってさえいれば
季節の様に時は流れて
きっと苦痛から解放してくれるだろう

俺もお前も前を向いて足掻いて歩いていればの話だがな
[PR]
by siko_yugi | 2004-09-16 22:08 |
<< 白昼夢 ららら >>