魂の質量
悲しい話だが魂の質量は0ではないらしいんだ
そんな曖昧な実験に狼狽したから捨てた羅針盤
走った道筋を隠すグランダキシン飲み干し己すら恨んだりし
自律神経は緻密に逃げたつもりなのに罪が積もり全てが不毛に
自称苦労人を苦笑しながら 
サナガラ恍惚に酔うた太宰の様

生き様を彫刻 意識遠のく 心と身体を彫る そして深くエグった
死に様に恐慌 医師に報告 子供の貴方遠く そして深くエグった

異常な思想者に見える死相が 昨日は死のうかって右脳と左脳が会話
湧いた蛆虫が灰になるまで燃やすライターで 僕だって泣いたんです
証拠は消えないから今日も女王に跪き貴様抜きでしたキスの続き
虚言絶えず繰り返し妄想が暴走してるのに全てを鵜呑み 嗚呼、不毛
無論結論は出ている 黙殺せず背後から言葉で仕留める 
贖罪する隙など詭弁家には与えない ゴタク並べてまだモガくの?

鏡なんて持ってない奴がきっと殆どで
きっと客観視なんて凄く難しい事で
過去の偉人でさえ黄金の椅子に座って謙虚になれって説くんだ
鏡を持ってる人たちも次第に時代に支配されて歪んでいくんだ
そう僕だって
そう貴方だって
きっと、そう
君の事はあまり知らないし
僕と君は交差した事がないから
あくまで推測なんだけど
鏡を意地汚く自意識笑う人々や嫌う人々では君も僕もないから
だから
僕は君と喋ってみたかったんだ
だから
君も僕を待っていたんだろ

厄除け代わりに逆時計を身につけて秒針の動きを指でなぞって
追いかける そんなのもう嫌なんだ そんなのもう嫌なんだ
時計は淡々と僕を追い詰めるけど 死期は確実に迫るけど
だけど針が進む音って嫌いじゃないんだ
[PR]
by siko_yugi | 2004-08-12 09:14 |
<< 憤 生きている理由 >>